【行動科学】口と心から発する「言葉」の支配力を知る

セルフマネジメント



 

ども、ゆたです!

 

昨日は実際にあったタバコに関する事例をもとに僕の観点や改善方法を考えてみました!

【行動科学】今日も実際の事例をもとにセルフマネジメントを考える

 

 

 

今日は

口と心から発する「言葉」の支配力を知る

 

 

僕たちは、日々言葉を使っていますが、

なにか気をつけていることはありますか??

 

日々言葉を発している中で僕は

相手にどう言葉を使えば、伝わるかなぁってよく考えます。

 

「語彙力」ってとっても大切だなって感じます!

そんな中で、言葉は口から発することよりも

自分の中に発していることの方が多いことをご存知でしょうか??

 

その言葉には

ポジティブな言葉もあれば、ネガティブな言葉も流れています。

この記事でも書きましたが、1日に7万回も言葉が飛び交います。

 

不安などのネガティブな感情は、すべて頭の中で

マインドトーク(自動思考)によって生産され、事実ではないことを量産します。

 

そんな時に

冷静な判断力は失われて、不安に押しつぶされてしまうヒトも少なくありません。

 

なぜそうなってしまうのか??

 

その認知をゆがめてしまう原因の一つに

言葉に対する敏感さが僕たちには備わっています。

 

マインドトークが無意識のうちに

僕たちの思考に大きな影響を与えるように

ヒトの口から発せられる言葉は、さらに

過度な反応を呼び起こします。

 

 

 

言葉に対する敏感さの例

 

 

※人生を変える行動科学マネジメントより引用

ある30代の女性は、ずっと仲良くしてきた学生時代の親友と、会社帰りに待ち合わせて食事をしました。

最初は他愛ない話をしていたのですが、だんだんお互いの会社の愚痴になっていきました。

ワインの酔いも手伝って、日頃の不満が次から次へと出てきます。

 

友人は、もっぱら仕事の内容について愚痴っていました。

ノルマが多くて大変だの、取引先の要求が細かいだの、プレゼンが負担だの・・・。

 

一方彼女が最も愚痴りたいのは後輩のことでした。

「二つ下の子がね、ちょっと美人だと思ってチャラチャラしててさ。部長にこびてるっていうか。部長も部長でね・・・」

すると、まだ話は途中なのに友人は言ったのです。

「ふーん、そうなんだぁ」

 

この時、彼女の中で「カチン」となにかスイッチが入りました。

それは認知がゆがんだ音だったのかもしれません。

 

彼女には、友人の「ふーん、そうなんだぁ」が妙に引っかかりました。

なにか小馬鹿にされたような気がしたのです。

もちろん、友人にそんなつもりがあったかどうかはわかりません。

おそらく、そうではなかったのでしょう。

でも彼女にはそう感じられたのです。

 

「ああ、私の言っていることなんて、くだらないと思っているんだ」

「自分は仕事ができるけど、私は違うというわけね」

「考えてみれば、会うといつもこのパターンだもんね」

「学生時代から、私を一段、下に見ていたところがあったし」

 

そう思い始めたら、どうにもこうにも気持ちのコントロールがきかなくなり、「疲れているから」と食事もそこそこに解散することになりました。

それ以来、お互いに連絡もとっていません。

 

 

いかがでしょうか??

これもけっこうあるあるではないですか??

 

「そんなつもりで言っていないっっ❗❗」

 

言葉にはそのヒトの受け取り方で、

お互いの解釈が微妙に、もしくは真逆に変わってきます。

 

「あれ? コピー用紙が切れてる」

先輩が発した一言で、自分の不備を指摘されたように思い込んでしまう新入社員。

 

先輩は、ただ事実を言っただけで、誰かを責めるつもりなど毛頭ない。

そんなひとつの例です。

 

言葉は、それを発したヒトの思惑とはまったく違った一人歩きを始めます。

 

 

 

ヒトは、負の側面を過大評価するクセがある。

 

 

こんな時は自分も、相手も

落ち着いてそのときの状況を振り返ることが大切です。

そしてどんな会話が交わされたのかを分析してみると良いです!

 

紙に書き出して、客観的に眺めてみると

案外「どうってことない」言葉でもあったりします。

 

でも

ヒトはマインドトークがつくりあげた感情の世界で

ことさら問題を大きくしてしまいます。

 

できたことを喜んであげればいいのに、

できなかったことをわざわざ拾い上げては自分を責め立てるということをしてしまうんですね。

 

そうした

認知のゆがみをそのまま放っておくと、どんどん自分を追い込んで

結果的にとてつもない負のスパイラルをつくりあげてしまいます。

 

でもよく考えてみてください!

そもそも、もし「何をやってもうまくいかない」が事実だったとしても、

「ヒトができることを自分ができない」のは、そんなに悪いことなのでしょうか??

 

問題は

👉「できないこと」ではなく、

👉「できない自分を許せないこと」

にあります。

 

できない自分を許せない・・・

そんな気持ちでいたら、常にプレッシャーがかかって

本来できることもできなくなってしまいます。

 

変わりたいのに、変われなくて悩むヒトは

たいてい自分を攻撃しては、苦しんでいます。

 

でも

できない自分を許せるようになれれば、

心折れることなく何度でもチャレンジができるようになります!!

 

👩ダイエットをやる!って言って、始めたけど3日で終わった・・・

👨毎日ジョギングする!って言って、始めたけど雨で断念して、継続しなくなった・・・

 

「3日坊主」という言葉があるのはなぜでしょうか??

 

みんな経験があるからなんです!笑

 

僕たちには「経験」して「仕切り直し」という選択肢があります。

これからは、正しく自分を許してあげましょう!

 

そこからすべてのセルフマネジメントが可能になってくるはずです。

 

まずは

自分を追い詰めているマインドトークがないか見つけてみる。

そして

それに対して許せる方法とやり方を探してみましょう!

きっと

見つかりますよ!

 

みんな、完璧にできるヒトなんていません!

少なくとも僕はまったく出来ませんから。笑

 

 

以上です。

 

 

友だち追加

さて、ちょっと宣伝❗

1ヶ月に数回公式LINE友だち限定でLIVE無料トレーニングを行います。

「僕のレッスンを受けたい」そう想ってくださる方は友だち追加⬆⬆してくださいね!

 

記事がいいなって思ったら周りにシェアしてくださると、とても嬉しいです。

今日も記事を見てくださってありがとうございました。

 

ではまた。

 


 

「からだを変えたい。」

そのホンキを絶対に叶える12週間のプログラムをとどけます。

3万5,000人のからだに関わってきた確かな経験があなたのからだを導きます。

初回体験「SOAP」の詳細は下記をご参照ください。


 

ラジオ配信しています!

「ながら聞き」であなたの時間を有効活用!

健康に関することや僕の活動を配信していますので、よかったら登録して「ハート」や「笑い」や「ねぎらい」をポチッてください。w

 

 


Fitness Peace オンラインサロン 

日本全国、世界の舞台でも活動の場を広げるフィットネスインストラクター4人が主宰するサロン。「日本一、身近なフィットネスをサロンメンバーと共に創る」をモットーに、クリエイティブな場をアップデートし続けるコミュニティ。※サロン内では自分自身が「健康」を創る情報やエクササイズが日々配信されます。

またサロンメンバーには新時代を創る戦略も共有しています。
その中で僕たちが新時代に向かって突き進む上で、サロンメンバーに助けてもらったり、応援してもらったりしています。

本当にアットホームで楽しい空間が広がり、明るくて面白い未来に向かう活動をしているFitness Peace!!

あなたの参加を待っています。

月額3,000円(税込)


 

★ゆたのSNS★

Instagram:https://www.instagram.com/yuta_heartsbridge/

Facebook :https://www.facebook.com/yuta.heartsbridge

Twitter  :https://twitter.com/YutaYoshioka1