【疑問】なんで足底腱膜炎になってしまうの?? ー運動するヒトは必読!!ー

基礎解剖学



 

 

ども、ゆたです!

 

昨日は足の裏が痛いヒトに向けて、もしくは予防という観点で足底腱膜炎について対談形式でブログを書いてみました!
わかりやすく書いたつもりなのでぜひご覧ください😊

【障害】足底腱膜炎ってどんな障害?? ー足裏のかかと側が痛いヒト必読!!ー

 

 

 

今日は

なんで足底腱膜炎になってしまうの??
ー運動するヒトは必読!!ー

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

今日は2つのポイントだけをシンプルに伝えます!!

 

「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」はその名の通り、足底腱膜が炎症を起こしてしまう障害です。

原因は足首周りの筋肉や筋膜が緊張して、足底腱膜に負担をかけて痛みが発生するんです。

 

その緊張してしまう部位は

図18-5にある親指の関節

図18-9にある足関節

になります!!

 

それぞれ

親指の関節はウィンドラス機構
(足を床に置いている時に親指が床に無意識的に着かない状態)

足関節は底屈症候群
(足首が下を向いて固くなっている状態)

という状態になっていることが多いんです。

 

ふむふむ・・・

スポ美ちゃん

うーん・・・

よくわからないですー

 

スポ子さん

簡単に言うと、足の動きが良くないと、足の裏が痛くなりやすい

ってことよ!

スポ美ちゃん

あー、なるほど!!

足首が固いとなりやすいってことね!!

うん、まぁそうとってもらってもいいかな!!

だからこそ足首や足の指の動きを良くすることは

予防の観点からしても、とても大切なんだ!!

ちなみにランナーやイントラさんに足底腱膜炎のヒトが多い理由は、

「連続して足を着地させる」からです!!

この足底腱膜炎の特徴は、ウィンドラス機構や足関節が固い人なのに

ケアをせずに走り続けてしまうから痛くなるんです・・・

スポ子さん

じゃ、予防するためには足の裏とか足首を柔らかく保たないといけないってことね!

この前のブログで紹介してくれた、テニスボールを踏んで足裏のグーパー運動をお客様にやってもらおうかな。

うん、いいと思います!!

ぜひ!!

 

スポ美ちゃん

吉岡さん!!

じゃ、次回は柔らかく保つ方法を教えて下さいね!

 

了解です!!

 

 

明日は具体的なエクササイズをご紹介します!

お楽しみに!

 

 

以上です。

 

友だち追加   

 

 

さて、ちょっと宣伝❗

1ヶ月に数回公式LINE友だち限定でLIVE無料トレーニングを行います。

「僕のレッスンを受けたい」そう想ってくださる方は友だち追加⬆⬆してくださいね!

 

記事がいいなって思ったら周りにシェアしてくださると、とても嬉しいです。

今日も記事を見てくださってありがとうございました。

 

ではまた。

 


 

「からだを変えたい。」

そのホンキを絶対に叶える12週間のプログラムをとどけます。

3万5,000人のからだに関わってきた確かな経験があなたのからだを導きます。

初回体験「SOAP」の詳細は下記をご参照ください。


 

ラジオ配信しています!

「ながら聞き」であなたの時間を有効活用!

健康に関することや僕の活動を配信していますので、よかったら登録して「ハート」や「笑い」や「ねぎらい」をポチッてください。w

 


Fitness Peace オンラインサロン 

日本全国、世界の舞台でも活動の場を広げるフィットネスインストラクター4人が主宰するサロン。「日本一、身近なフィットネスをサロンメンバーと共に創る」をモットーに、クリエイティブな場をアップデートし続けるコミュニティ。※サロン内では自分自身が「健康」を創る情報やエクササイズが日々配信されます。

またサロンメンバーには新時代を創る戦略も共有しています。
その中で僕たちが新時代に向かって突き進む上で、サロンメンバーに助けてもらったり、応援してもらったりしています。

本当にアットホームで楽しい空間が広がり、明るくて面白い未来に向かう活動をしているFitness Peace!!

あなたの参加を待っています。

月額3,000円(税込)


 

★ゆたのSNS★

Instagram:https://www.instagram.com/yuta_heartsbridge/

Facebook :https://www.facebook.com/yuta.heartsbridge

Twitter  :https://twitter.com/YutaYoshioka1

 

\\高宮駅から徒歩10分!!//

福岡市南区高宮・清水・大橋エリアのパーソナルトレーニングスタジオ

「Hearts Bridge」

パーソナルトレーナー&フィットネスインストラクター

代表 吉岡優太