【運動】下っ腹引き締め ー引き締めるために○○の意識が大切!ー

コンディショニング



 

ども、ゆたです!

 

僕のジムに来てくださるお客様によく言われる

「下っ腹をどうにかしたいです!」

 

 

はい、どうにかしましょ!

 

っと言っても、意外と下っ腹を引き締めるのは難しかったりします。

なぜならヒトの貯蔵庫になるからですね!

 

ヒトはエネルギーを蓄えたいので、お腹やお尻が倉庫になりやすいんです。

そこを引き締めるためには食事の管理も必要ですし、ちゃんと意識が入るトレーニングをしないといけません!

 

今日はトレーニングに焦点を当ててお伝えしていきます!

 

 

 

下っ腹を引き締めよう!

 

 

下っ腹を引き締めるためにはポイントがあります!

それが骨盤の後傾

解説していきます!

 

 

 

骨盤の後傾

 

 

僕の体感ですが、今まであまり運動してきていないヒトだと

ほぼ骨盤の前後傾が適切にできません。

 

今月初めて来てくださった数名のお客様も骨盤の前後傾が

全然できず「どうやって動かすの!?」っと同じことを聞かれました。

 

でも日常を過ごす上で、骨盤の前後傾なんて意識しませんよね💦

だからこそちゃんと理解して、動かしていくことによって

下っ腹を引き締めることが可能になってきます!

 

 

骨盤後傾エクササイズ

 

このポイントは「恥骨」を引き上げることです。

仰向けの状態で、腰を床にピタッとくっつけた状態で、恥骨を引き上げること。

 

この恥骨をうまく引き上げることが難しい方がたくさんいるわけです。

恥骨引き上げを意識しながら動画のエクササイズを10回×1〜3セットやってみましょう!

 

 

 

うまくできたら下っ腹を使った感覚があるはずです!

この状態でこのエクササイズをやりましょう!

 

 

下っ腹エクササイズ

 

上の画像は腹直筋です!

お腹の下っ腹は恥骨をしっかりと引き上げることが重要!

さらにその状態でこの腹直筋に負荷を与えることが大切です。

 

デッドバクで下っ腹を意識しながら10回1〜3セット行ってみましょう!

 

 

 

 

いかがでしたか??

下っ腹の使い方を習得してぜひ引き締まったお腹を手に入れましょう!

 

 

以上です。

 

 

友だち追加   

 

 

さて、ちょっと宣伝❗

1ヶ月に数回公式LINE友だち限定でLIVE無料トレーニングを行います。

「僕のレッスンを受けたい」そう想ってくださる方は友だち追加⬆⬆してくださいね!

 

記事がいいなって思ったら周りにシェアしてくださると、とても嬉しいです。

今日も記事を見てくださってありがとうございました。

 

ではまた。

 


 

「からだを変えたい。」

そのホンキを絶対に叶える12週間のプログラムをとどけます。

3万5,000人のからだに関わってきた確かな経験があなたのからだを導きます。

初回体験「SOAP」の詳細は下記をご参照ください。


 

ラジオ配信しています!

「ながら聞き」であなたの時間を有効活用!

健康に関することや僕の活動を配信していますので、よかったら登録して「ハート」や「笑い」や「ねぎらい」をポチッてください。w

 


Fitness Peace オンラインサロン 

日本全国、世界の舞台でも活動の場を広げるフィットネスインストラクター4人が主宰するサロン。「日本一、身近なフィットネスをサロンメンバーと共に創る」をモットーに、クリエイティブな場をアップデートし続けるコミュニティ。※サロン内では自分自身が「健康」を創る情報やエクササイズが日々配信されます。

またサロンメンバーには新時代を創る戦略も共有しています。
その中で僕たちが新時代に向かって突き進む上で、サロンメンバーに助けてもらったり、応援してもらったりしています。

本当にアットホームで楽しい空間が広がり、明るくて面白い未来に向かう活動をしているFitness Peace!!

あなたの参加を待っています。

月額3,000円(税込)


 

★ゆたのSNS★

Instagram:https://www.instagram.com/yuta_heartsbridge/

Facebook :https://www.facebook.com/yuta.heartsbridge

Twitter  :https://twitter.com/YutaYoshioka1

 

\\高宮駅から徒歩10分!!//

福岡市南区高宮・清水・大橋エリアのパーソナルトレーニングスタジオ

「Hearts Bridge」

パーソナルトレーナー&フィットネスインストラクター

代表 吉岡優太