【動作を解剖学の観点で分析!!】格闘技エクササイズ ローブロック編

動作解剖学

本日もブログをご覧くださり誠にありがとうございます!!

Hearts Bridgeパーソナルトレーナー兼フィットネスインストラクターの吉岡です😄

 

今日は

さっと内容に入っていきますよ!!

 

スポ美ちゃん

はい!!

 

スポ子さん

よろしく!

 

格闘技エクササイズ ローブロック編

 

それではローブロックの動画です!!

 

 

それでは分析結果です!!

 

 

ローブロックは

ハイブロック同様、ブロックの位置がとっても重要です!!

 

こんな感じの位置にブロックしては良くないですよ!!

 

 

ローブロックは

相手の攻撃

例えば、ラウンドハウスキックなどを胴体にもらわないようにガードします。

 

ふむふむ。

 

なので上の画像だと、バッチリ攻撃を当てられちゃいますよね💦

 

スポ美ちゃん

身体を守れていないわけですね。。。

 

そう、その点はしっかりとポイントとして押さえておくといいですね!!

参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

 

 

ローブロックに対して強化したい筋肉

 

肩関節水平伸展:広背筋

広背筋

広背筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脊柱右回旋:左外腹斜筋、右内腹斜筋、腹横筋

 

 

股関節外転:大腿筋膜張筋、中殿筋後部繊維

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節屈曲:腸腰筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

 

 

ローブロックに対してほぐしたい筋肉

 

股関節内転:内転筋群

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

 

ではオススメのトレーニングでーす!!

 

 

 

 

【強化】肩甲骨上方回旋

 

【強化】股関節外転・屈曲

 

 

 

 

 

 

 

【抑制】股関節内転筋群

 

 

 

 

 

 


 

フィットネス×エンターテイメントをとどけるプロジェクト

「おとながほんきであそんじゃおう」

 

 

 

 


 

【初回体験「SOAP」のススメ】

あなたの身体の「今」を知る。

詳しくは↑↑をクリックしてください。