【動作を解剖学の観点で分析!!】格闘技エクササイズ アセンディングエルボー編

動作解剖学

沖縄の首里城の火事がとても悲しいHearts Bridgeの吉岡です。

 

僕はほとんどTVを見ないので、ネットニュースなどで確認しておりますが、とっても心が痛くなります…

 

なぜこんなことが起こってしまったのか…

 

ホントだよ。。

僕なんかがこれだけ悲しんでるんだから沖縄の人はもっとだよね…

 

スポ美ちゃん

そうですよね。。

 

今後の動向が気になります。。。

 

では今日の内容にいきましょうか。

 

格闘技エクササイズ アセンディングエルボー編

 

動作としてはこんな感じですー‼︎

 

スポ美ちゃん

これもまた当てられたら気絶しそう…

 

スポ子さん

これまた前回同様だけど、気絶じゃ済まなそうよ…

 

そうだね…💦

 

それではいつもの関節の動作はこんな感じです‼︎

 

 

 

前足側のアセンディングエルボーの特徴としては、

あまり回旋はしない‼︎

ということです。

 

回旋し過ぎず、

天井から肘が引っ張られるように身体を前上方へ移動させる!!

そうすると自然と股関節が外旋になります。

 

スポ子さん

だから黄色い線が真っ直ぐ上に向いているのね!!

 

そうなんです!!

 

スポ美ちゃん

後ろ側は回旋しているように見えますが、

正解ですか??

 

そうそう!!

後ろ足側は相手の顎に届かせるように回旋をして身体を前に押し込む形になるよ!!

 

スポ子さん

左右で打ち方が違うのね〜・・・

 

そうですね!!

でも特に難しさは感じなくて良いと思います!!

 

なぜなら

クロスや後ろ手のアッパー、後ろ手のボディリップなどと関節の動き方は一緒だからです!!

 

スポ子さん

口で言うのは簡単だけど・・・

 

まぁ、そうだね。笑

実際は難しいかもしれないですが、理論上はクロスや後ろ手のアッパーなどを練習すれば、後ろ手のアセンディングエルボーも練習していることにつながるので土台はできやすいですよー!!

 

はい、ではその動作に対しての筋肉をご紹介します!!

 

 

 

アセンディングエルボーに対して強化したい筋肉

肩甲骨内転→外転:菱形筋→前鋸筋

前鋸筋

 

肩関節屈曲:三角筋前部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肘関節屈曲:上腕二頭筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脊柱右回旋:左外腹斜筋、右内腹斜筋、腹横筋

 

股関節外旋:大殿筋、深層外旋六筋

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

 

アセンディングエルボーに対してほぐしたい筋肉

 

肩関節伸展:三角筋後部、広背筋

 

 

肩関節伸展:上腕三頭筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脊柱左回旋:左脊柱起立筋、左腰方形筋

 

 

股関節内旋:大腿筋膜張筋、中殿筋前部繊維

 

 

 

 

 

 

 

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

 

 

 

そのオススメのトレーニングでーす!!

 

 

 

 

【強化】肩甲骨内転と外転

 

【強化】肩関節屈曲

 

 

【強化】股関節外旋

 

 

 

【抑制】肩関節伸展

 

【抑制】股関節内旋

 

 

 

レッスンの参考にしていただければと思いまーす!!

 

 

 

 

 

 


 

フィットネス×エンターテイメントをとどけるプロジェクト

「おとながほんきであそんじゃおう」

 

 

 

 


 

【初回体験「SOAP」のススメ】

あなたの身体の「今」を知る。

詳しくは↑↑をクリックしてください。