中学時代のサッカー少年

日記

中学校のあの時代を思い出している

Hearts Bridgeパーソナルトレーナー兼フィットネスインストラクターの吉岡です。

 

 

 

もう何年前だろう。

かれこれ22年前かな。

 

 

 

22年前とか言っちゃって。笑

そんなに経っていることに書いててびっくり。

その当時は出身の山形にいました。

 

 


 

小学3年生からサッカーを始めた少年は、

サッカーにどハマりして、

 

 

春夏秋冬

年柄年中ボールを蹴って、

遊びもサッカー、

私服も読売ヴェルディのユニフォーム、

ゲームもサッカー、

髪型も三浦知良。

 

 

 

いわゆる

サッカー少年。

 

 

 

 

そんな

サッカー少年が小学校を卒業し、

中学校に進学しました。

もちろん少年は中学校に進学しても迷わず

サッカー部を選びました。

 

 

 

 

中学生になると、

今まで強敵だった別の小学校の選手が

仲間になり、力強さを感じるとともに

ポジションを争うライバルが増えたので、

より一層練習に打ち込んでいきました。

 

 

 

そんな中、小学校の時から知っていた

同じポジションを争う1人のライバルがいました。

 

 

そのライバルの子は対戦していたチームのエース。

 

 

こいつは敵チームのエースだ!

絶対に負けたくない。

 

 

心の中で少年は思いました。

 

 

 

 

 

 

でも会話していくにつれて、敵視するようなライバル感はどんどん薄れていきました。

 

 

 

 

敵視していたライバルの子は、

本当に優しくて、素直なめっちゃいいやつだったのです。

 

 

それからというもの、

ストレッチも一緒、

ペア練習も一緒、

遊ぶ時も常に一緒。

 

 

中学校生活の一部がその子との時間になりました。

 

 

 

その少年にとって、そのライバルだった子は

大切な友達になったのです。

 

 

 

 

少年と友達は3年間の楽しかった中学生活を終え、別々の高校に進学することになりました。

 

 

 

 

 

それから月日が流れ、

少年は大きくなり、福岡で活動し、

その友達は他県に行きますが、最終的に山形に戻ります。

 

 

 

 

少年だった子は年一で必ず行う、

地元での友達との時間を大切にしていました。

 

 

 

 

 

しかし、

それがここ数年、お互いが忙しくなり

全く連絡を取らずじまい。

 

 

 

 

 

年一の飲み会もいつの間にかしなくなってしまっていました。

 

 

 

 

 

 

 

ある時、別の友達から

その友達が「病気で入院している」と聞きました。

 

 

 

 

 

なかなか地元に帰ることも、ここ数年はできていなかったので、

容態がわからないながらも、あいつなら大丈夫だろうって思っていました。

 

 

 

 

 

 

でもそんな思いが一瞬で砕かれました。

 

 

 

 

 

 

 

別の友達から連絡があり、

「昨日、病気で亡くなった」と。

 

 

 

 

 

その少年だった子は、信じられず

「嘘だろ!?」と何度もその言葉を繰り返しました。

 

 

 

 

 

 

受け入れたくない現実とともに、

いろんな想いがめぐります。

 

 

 

 

 

 

それと同時に悲しみが押し寄せ、

思わず昔のメールを見返しました。

 

 

 

 

 

 

そこには元気そうにメールしている

少年と友達が。

 

 

 

 

 

言葉にならない。

早過ぎる大切な友達の死。

 

 

 

 

 

 

少年だった子は、受け入れられない現実に

戸惑いながら、ぼやける空に向かって

「……安らかになぁ。」とつぶやきました。

 

 

 


 

 

 

今回はこんな内容を書いてしまってごめんなさい。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

皆様、健康にはくれぐれも気をつけて。

1 件のコメント

  • まだやりたかった事が、きっとあったと思います。
    私たちは、当たり前のように生きて、
    明日が来ると信じて疑いません。

    だけどわからないから。

    「明日言おう」「いつかやろう」ではなく
    毎日を本音で生きること。
    その大切さを教えてくれました。

    どうか安らかに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です