【動作を解剖学の観点で分析!!】格闘技エクササイズ フック編

動作解剖学

本日は出張先のジムで「ブログを見てます‼︎」って言われて嬉しかった

Hearts Bridgeの吉岡です‼︎

 

スポ子さん

良かったわね!!

 

うん、このブログを毎日書き始めたきっかけが

「身体にもっと興味を持ってもらいたい!!」って思ったからなんだよね!!

 

表面的なものだけだと、

怪我をしてしまったり・・・

思った運動効果がでなかったり・・・

するんだけど、身体を知ることが楽しくなれば

それも解決していくのかなってことで毎日挑戦しています。

 

ブログって意外と孤独と戦ってる感じがあるから

たまにめげそうになるけど、「見てますよ〜」「楽しく読ませてもらってます〜」

なんて声をいただくと、すっごい 喜びますので、吉岡に会ったら遠慮せずに

言ってください!!笑

 

スポ美ちゃん

ふふふ。笑

 

さて、今日もいきますか!!

 

 

格闘技エクササイズ フック編

 

スポ美ちゃん

顔が激しい・・・笑

 

そうでしょ!!笑

 

ではフックの動画をご覧ください!!

 

 

そして分析内容です!!

 

 

 

スポ美ちゃん

どんな感じだったっけ??

 

 

これは昨日記事で挙げたボディリップですけど、

単純にフックとボディリップを比較すると、

違っているポイントは

 

フックとボディリップの違い

!!フックの動作はここが違う!!

①肩甲骨が内転から外転に動いている

 

②肩関節が内旋

 

③橈尺関節が少し回外

 

④股関節が両方とも内旋

 

 

ちょっと細かいですけど、

こんな感じの関節の動きがボディリップやアッパーカットとは違うところなんですね!!

 

つまり

フックはこれまで紹介してきたボクシングテクニックの中で

関節の動きが一番多いんですね!!

 

なので微妙な角度がちょっと難しかったりするわけなんですね!!

 

スポ美ちゃん

うん、ちょっと難しくてわからないけど

とにかくその動き方を練習しなさいってことですね!!

 

ははは

そうだね!!

それに尽きるね!!

 

あっ、ちなみにあまり良くない例ね!!

 

 

スポ子さん

こうならないようにした方が良いってことね!!

 

そうそう!!

しっかり回旋して欲しいね!!

 

はい、っというわけで筋肉やエクササイズを紹介していきます!!

 

 

 

フックに対して強化したい筋肉

肩甲骨内転→外転:菱形筋→前鋸筋

前鋸筋

 

肩関節内旋:肩甲下筋

 

脊柱右回旋:左外腹斜筋、右内腹斜筋、腹横筋

 

股関節内旋:中殿筋前部繊維、大腿筋膜張筋

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

 

フックに対してほぐしたい筋肉

 

肩関節外旋:三角筋後部、棘下筋

 

 

脊柱左回旋:左脊柱起立筋、左腰方形筋

 

 

股関節外旋:大殿筋、深層外旋六筋

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

 

 

 

 

 

 

 

【強化】肩甲骨内転と外転

 

【強化】肩関節内旋

 

 

【強化】股関節内旋

 

 

 

 

 

 

 

【抑制】肩関節外旋

 

【抑制】股関節外旋

 

 

レッスンの参考にしていただければと思いまーす!!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

フィットネス×エンターテイメントをとどけるプロジェクト

「おとながほんきであそんじゃおう」

 

 

 

 


 

【初回体験「SOAP」のススメ】

あなたの身体の「今」を知る。

詳しくは↑↑をクリックしてください。