基礎解剖学「股関節をまたぐ梨状筋編」

トレーナー、インストラクター向けの記事

こんばんは!!

本日もブログをご覧くださり誠にありがとうございます 😀

Hearts Bridgeパーソナルトレーナーの吉岡です!!

 

 

 

さてー、今日は

股関節の筋肉について触れていきますねー 😆

うん、よろしくー 🙂

スポ子さん、股関節編で一番始めに聞きたい筋肉ってあります??

スポ子さん

そうね〜・・・

やっぱり女性が気になるお尻かしら 🙄

おっ、スポ子さん!!

良い部位から攻めますね!!

私もお尻は好きです!!

スポ子さん

はっ・・・

変態・・・

いやいや〜!!笑

そういう意味じゃなくて〜!!

人体にとってお尻はとーーーっても重要な部位なんですよね 😀

パーソナルトレーニングでは殿部の筋を発火させるエクササイズをよく処方しています 💡

スポ子さん

ふ〜〜ん・・・

そういうことにしといてあげるわね 😉

 

 

重要な役割を担っている梨状筋

 

さて、殿部の筋肉ですが

肩同様にインナーマッスルが存在します 😉

それがこちらです!!

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

スポ子さん

うわっっ 😯

いっぱいあるわね・・・

そうなんです 🙂

これらの筋肉がローカルグローバルマッスル・・・

いわゆるインナーマッスルなんですね!!

これを一つひとつ覚えるのは、気合が必要なので

まず今日押さえておいて欲しいのが、「梨状筋」です!!

梨状筋はズボンの後ろポケットの辺りに存在している筋肉で

股関節筋群の最下層にあります 💡

主に股関節外旋筋として動いてくれています!!

梨状筋の動きを観てみてください 😉

※Visible Bodyより引用

 

へぇ〜

梨状筋ってこんなところにあるんだ〜 💡

これが股関節外旋っていう動きなんだよね??

そうなんです!!

他の機能もあるのですが、メインとしては股関節外旋をしてくれます 😀

そしてこの筋肉をぺろっとめくると、そこには坐骨神経が通っています。

※Visible Bodyより引用

スポ子さん

うわ!?

すごい!!

これが坐骨神経??

太いのね!!!

そうなんです!!

この坐骨神経が梨状筋の下を通っているのですねー!!

っということはスポ子さん!!

どういうことかわかりますか!?

スポ子さん

なになに!?

どういうこと??

つまり梨状筋が何らかの原因で固くなってしまった場合、

坐骨神経を圧迫してしまう・・・

それが坐骨神経痛の原因の一つなのです!!

そうなんだー!!

それは知らなかったわー 😯

よくお客様で「医者から坐骨神経痛って言われてしびれがあるんよねー」って聞くけど、これが原因の可能性があるってことね・・・

何で固くなるの!?

おっ、スポ子さん!!

良い質問ですね!!

様々な原因はありますが、代表的な例を一つ挙げると

座りすぎ

が原因です!!

日本人は働き者が多いから・・・ 🙁

 

座りすぎてしまうと、お尻にかかる圧力が常にあり、

血流を抑制してしまいます。

それが続くと、低酸素状態になってしまい

筋肉がどんどん硬化してしまうんです!!

だから固くなってしまうですよねー。

スポ子さん

なるほど、血流が悪くなってしまうと

固くなっちゃうんだ!!

仕事の人が多いから「座りすぎないでください」って言っても

無理よね・・・

どうしたらいいの??

その通りです!!

座りすぎるのは仕方ない方が多いと思うので、

空気イスで仕事をしていただくしかないですね 😛

スポ子さん

冗談でしょ・・・

冗談のようなホントです!!笑

実際はそれくらいの気持ちでいた方が体は健康になりますけどね 😆

でもまぁ難しいと思いますので、一つ言えることは

その固くなってしまう梨状筋を蘇らせることが重要です!!

つまりは柔らかくさせる!!ってことですね。

スポ子さん

うんうん!!

そうなってくるよね!!

どうすれば良いの??

はい、では動画をあげますのでぜひ見てみてください!!

 

トリガーポイントセラピー ピリフォーミス ウィズ テニスボール

ターゲット:梨状筋のリリース

長さ・回数:1〜2分/1〜3回(朝昼晩)

流   れ:

①テニスボールをお尻ポケットの辺りに当て、一通り動かす。

②痛気持ち良い部位でじんわり動かす。

③余裕があれば足を重ねてほぐす。

注 意 点:呼吸を止めない。

 

 

 

 

この後に下記のアクティブストレッチをしてみてください!!

 

 

グルーツ アンド ラット ウィズ ロール

ターゲット:殿筋群、広背筋のストレッチ

長さ・回数:6回/1セット

カウント :3・1・3

流   れ:

①片膝を90°程度に曲げ、フレックスクッション(床でもOK)に設置させる。

②逆の足をクロスし、片手をロールに乗せて息を吐きながら伸ばす。

③息を吸いながら戻し、繰り返す。

注 意 点:肩に力が入らない。呼吸を止めない。

 

以上です!!

ちょっと注意点ですが、座りすぎている人は大抵お尻の筋肉が固くて

弱い人が多いです!!

なので、このリリースをした後にしっかりとお尻のトレーニングを

された方が良いです!!

スポ子さん

えっ、そうなの!?

じゃ、どうすれば良いの??

 

この流れはまさかまた・・・

 

次回!!

 

スポ子さん

でたーーーー!!