基礎解剖学「足部の骨」

基礎解剖学「足部」

本日もブログをご覧くださり誠にありがとうございます!!

Hearts Bridgeパーソナルトレーナーの吉岡です 😀

 

スポ美ちゃん

宜しくお願いしまーす 🙂

 

スポ美、仕事は大丈夫なの??

 

スポ美ちゃん

うん、仕事終わった後で来てるから大丈夫!!

 

スポ美ちゃんは何の仕事をしてるの??

 

スポ美ちゃん

私は事務のお仕事でデスクワークしてまーす 😉

 

へぇ〜、そうなんだ!!

 

スポ子さん

私の影響なのか、スポ美はフィットネスに興味を持っててね 🙄

身体についても勉強していきたいみたいなのよねー!!

フィットネスクラブにも通ってるしね 💡

 

スポ美ちゃん

そうなんです 😛

やっぱりせっかくやるんだったらちゃんとやりたいですもんね 😆

 

スポ美ちゃん、素晴らしいね!!

今はいろんな情報が溢れている時代だから、自分の身体のために

自ら勉強する気持ちは本当に大切だよー 😀

 

スポ美ちゃん

褒められちゃった 😳

はい、少しずつかもしれないけど理解できるように頑張りまーす 💡

 

はい!!

じゃ、いきましょうかね!!

 

全身の骨の1/4が足に集まっている!!

 

まずは問題です!!

じゃじゃーん!!

 

全身の骨っていくつくらいあるでしょうか??

早押しでどうぞ!!

 

スポ美ちゃん

うーん、500個くらい??

 

スポ子さん

ふっふっふ!!

スポ美、私が教えてあげる!!

206個よ!!

 

はい、スポ子さん、せいかーーい!!

 

スポ子さん

ふっふっふ!!

 

スポ美ちゃん

へぇ〜、206個しかないんだ!!

もっと多いかと思ってたー 🙄

 

実は解剖学の本によって多少の誤差があるのですが、

だいたい200~206個くらいの骨の数で明記していることが

多いです!!

 

はい、ではもう一個問題です!!

ジャ、ジャーン!!

 

足の骨の数は??

 

スポ美ちゃん

えー??

5個くらい??

 

スポ子さん

これは私もわからない・・・

6個!!

 

ぶぶー!!

2人ともはずれでーす!!

 

正解は・・・

56個!!

 

スポ美ちゃん

えー!?!?

スポ子さん

えー!?!?

そんなにあったの!?!?

 

2人とも同じようなリアクション・・・笑

下の画像を見てみてください!!

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

もうちょっと細かく言うと、

片足28個(種子骨っていう小さい骨を抜くと26個)

かける足は2本あるので56個なわけですね!!

 

つまり人体の骨には約206個の骨があるので

全体の1/4足部

集まっている計算になるんです!!

 

スポ美ちゃん

びっくりですー!!

 

そう!!

なので足部って、とっても細かい骨同士が適切なバランスを

取り合わなければならない精細な部位なんですよね!!

 

ふむふむ・・・

 

そしてさらに、

常に地面と唯一コンタクトしているのが足部なので、

この骨同士のバランスが崩れてしまうとどうなるか

わかりますか??

 

スポ美ちゃん

身体の姿勢が崩れてしまう!!

 

そう!!

スポ美ちゃん、正解!!

ピラミッドの土台が崩れると、全体が崩れてしまうように

身体の姿勢も良い姿勢ではなくなるんだよね・・・

 

スポ子さん

なるほど・・・

足って重要だと思ってたけど、だから重要なのね!!

ネタに使えるわ!!

 

あの世紀の天才と謳われる「レオナルド・ダ・ヴィンチ」は

【足は人間工学上、最高の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である】

と言ったそうです 😉

 

スポ美ちゃん

自分の足が神秘的★に見えてきました!! 😯

 

その通り!!

足は本当に神秘的だし、繊細な部位なんだよ!!

 

また次回、足について話をすすめるね!!

 

スポ子さん

はい、よろしくー!!

スポ美ちゃん

はい、宜しくお願いします!!