基礎解剖学「内転筋群で多い勘違い」

トレーナー、インストラクター向けの記事

こんばんは!!

本日もブログをご覧くださり誠にありがとうございます!!

 

 

はい、こんばんはー!!

今日は内転筋ね!!

 

はい 🙂

スポ子さんは

レッスンとかで内転筋って言葉使います??

 

スポ子さん

使うわね!!

内転筋のストレッチ〜

とか

内転筋の筋トレしましょ〜

なんて使うわよー 😀

 

そうですよね!!

私もレッスン中に使うことがあるのですが、

 

意外や意外‼︎

内転筋で勘違いされていることがあるので

今日はそれをお伝えしていきます!!

 

 

実は内転筋に股関節の内旋作用はない!!

 

スポ子さん

えっっ!?

そうなの??

内転筋って内旋作用はないの!?

 

はい、実はそうなんですよー

意外ですよねー

ちなみに内旋とはこんな感じの動きですね!!

 

※Visible Bodyより引用

 

そして以下が内転筋群と呼ばれる筋肉たちです!!

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

この中のこの部分が内転筋群の

筋肉と作用です!!

 

 

ちょっと細かくて申し訳ないんですが、

右側の図の作用をご覧ください!!

 

スポ子さん

あっ、ほんとだー!!

内旋って作用は書いてないわね・・・

唯一、薄筋に内旋って書いてあるけど、膝関節だもんね 😯

 

良い目の付け所です!!

そうなんです 😉

実は薄筋には内旋機能があるのですが、

膝関節なんですよねー

 

ビックリなのは、内転筋なのに

外旋っという作用がある筋肉が多いんですよねー!!

 

スポ子さん

あー、確かに!!

へぇ〜、内転筋だから外旋って機能はないって思ってた 😳

不思議〜〜 😯

 

そうなんです!!

ちなみに外旋はこんな動きでしたね!!

 

※Visible Bodyより引用

 

さっ!!

この不思議は何故なのか??

 

スポ子さん

まさか・・・

この流れは・・・

 

次回!!笑

 

スポ子さん

またかーーーーーー!!