【情報】胃酸分泌の低下が健康を害す ー胃の調子が悪くなる要因5選ー

健康



 

ども、ゆたです!

 

今日は

胃酸分泌の低下が健康を害す

 

 

胃を労っていますか??

ヒトは食べないと生きていけません。

 

口に入れたものを歯で噛み砕き、粥状にして飲み込み、

食道を通って、「胃」に到達します。

 

からだが食べたものを消化・吸収して、エネルギーや酵素に

変えるためにも、この「胃」がちゃんとした働きをしていないといけません。

 

胃で消化できるのは主に

タンパク質ミネラル、一部ビタミンです!

 

筋肉をつけたい、代謝を高めたい、肌をきれいに保ちたい

健康なカラダをつくりたい・・・

さまざまなカラダの目標に対して胃の状態が悪いと、そもそも

消化ができなくなるので、いくら食材に栄養があっても

吸収できなくなるんですね。

 

胃を元気に健康に保つためには

大切なポイントがあるので、今回はそれを書いていきます!

 

 

 

胃液は食事のたびに分泌される

 

 

まずかんたんに胃液のしくみからご紹介します。

 

胃液は、食べたものの消化に欠かせないもののひとつです。

いつも出ているわけではなく、おいしそうなもののにおいを嗅いだりして

食欲を刺激されたときや、実際に食べものが胃に入ってきたときに、

神経やホルモンの働きによって胃液は分泌されます。

 

 

胃の内側は、粘膜におおわれたひだが連なっています。

粘膜のくぼみには「胃腺」があり、そこから食事をするたびに

500~700mlの胃液が分泌されます。

朝昼晩3回の食事で分泌されるものを合わせると、1日に約2Lもの胃液が出ています!

 

 

 

胃液が胃自体を溶かさない理由

 

※見てわかる脳と靭帯の本から引用

 

胃液のおもな成分は、タンパク質を分解するペプシンと、殺菌作用のある塩酸です。

正確には分泌されるのはペプシノゲンで、これが塩酸と出会うと消化酵素のペプシンになります。

 

 

塩酸は酸性度がph1.0~1.5と非常に高く、指で直接触れるとただれてしまうほどの強い酸です。

でも、とても強い酸だからこそ食べたものの中の細菌などを殺菌し、胃で消化されるものの腐敗を防いでいます。

 

 

胃液が、なにかのはずみで喉まで上がってくるとひりひりとしますが、これは胃液の酸が強いのが理由です。

それにもかかわらず胃液が溶かされないのは、胃の粘液が膜をつくって守っているからですね!

 

粘液にはムチンと重炭酸イオンという物質が含まれ、酸を中和して胃液を保護しています。

これによって胃壁に接している部分のphは5~6くらいの弱酸性になっています。

胃は自分でバリアをつくり、強力な胃液から自分を守っているんですね!

 

 

 

胃がバランスを崩す要因

 

 

こうしたしくみがもたらす絶妙なバランスで保たれている「胃」ですが、

そのバランスが崩れると、胃炎や胃潰瘍などのさまざまなトラブルが起こります。

バランスを崩す5つの要因をあげますね!

 

 

ピロリ菌

らせん形をした細菌で、正式名称「ヘリコバクター・ピロリ」。

この菌は、アンモニアをつくり出すウレアーゼという酵素をもち、自分の周りの塩酸(胃酸)をアンモニア(アルカリ性)で中和することで、胃の中でも生きられます

ピロリ菌から出る毒素やつくられたアンモニアが胃を荒らします。

免疫が不十分な幼少時に感染するとみられています。

 

 

過度なストレス

ストレスを受けるとこれに対抗するために、体内で抗ストレスホルモンがつくられ、ストレスを緩和します。

抗ストレスホルモンは、血液中の糖分を増やし、全身の細胞がエネルギーをつくりやすくしますが、胃粘膜の防御機能を弱めてしまいます。

 

 

アルコール、カフェインの多量飲酒

高濃度のアルコールは、胃粘膜を直接刺激します。

胃の中の濃度によって胃酸の分泌を促進させたり、低下させたりします。

個人差もありますが、アルコール濃度が約8%以上になると胃酸の分泌が増え、約32%以上になると逆に分泌が抑えられます。

また、アルコールは胃の蠕動(ぜんどう)運動を抑えるため、胃もたれの原因にもなります。

 

空腹時にカフェインを飲むのはNG!

カフェインは脳の迷走神経を刺激して、胃酸の分泌を盛んにして消化を助けますが、

空腹時に飲むと、胃酸の分泌が促進され、胃が荒れてしまいます。

 

 

 

喫煙

喫煙は、粘膜の血流量を減らすので粘液の分泌が抑えられ、胃の防御力が下がり、相対的に胃酸の攻撃に対して弱くなります。

 

 

咀嚼回数

咀嚼回数が少ないことで、胃液の分泌が促進されない!

噛む回数が少なくなることで、胃の運動が減ってしまいます。

咀嚼回数を増やすことは食物の吸収を促進するためには必要なことなんです!

 

 

 

胃を元気にする方法

 

 

まずは「取り除く」ことからですね!

上に挙げた要因を改善することが必須です。

 

その上で

タンパク質、ビタミンA、ビタミンD、亜鉛、マグネシウムを摂りましょう!

 

◯ タンパク質:脂身の少ない肉や魚

◯ ビタミンA:レバー、卵黄、干しのり、焼のり、海藻類、にんじん、かぼちゃ、しそ

◯ ビタミンD:きくらげ、きのこ、海藻類、あんこう、しらす干し、紅鮭、マイワシ、卵黄

◯ 亜鉛:かき、カタクチイワシ、鰹節、レバー、赤み肉、鶏もも肉、焼のり、切り干し大根

◯ マグネシウム:未精製穀物、海藻類、干しえび、大豆類、ごぼう、ほうれん草

 

また消化を助けるサプリメントもオススメです!

iHerb
https://iherb.co/bXzDEUL

 

ダイジェストベーシックがオススメです!

消化酵素サプリなのですが、食事を食べた後に

腹部膨満感や気持ち悪さ、ダルさなどがある場合は

試していただくことをオススメします。

https://jp.iherb.com/pr/enzymedica-digest-basic-essential-enzyme-formula-90-capsules/16583

 

 

また直接胃酸の分泌量を増やす場合は

スーパーエンザイムがオススメ!

ただこちらは胃炎がある方は、胃がキリキリしてしまう可能性があるので

その場合は上のダイジェストベーシックをご活用ください。

https://jp.iherb.com/pr/now-foods-super-enzymes-90-tablets/51070

 

 

僕の紹介コードを入れていただくと、5%OFFで購入可能です!

CXR4318

 

 

元気な胃になれば、

健康も筋肉もゲットできます。

 

ぜひご自身の食生活や生活習慣を見直してみてくださいね!

 

 

以上です。

※毎週月曜日と金曜日はブログの配信がお休みです!

 

 

友だち追加

さて、ちょっと宣伝❗

1ヶ月に数回公式LINE友だち限定でLIVE無料トレーニングを行います。

「僕のレッスンを受けたい」そう想ってくださる方は友だち追加⬆⬆してくださいね!

 

記事がいいなって思ったら周りにシェアしてくださると、とても嬉しいです。

今日も記事を見てくださってありがとうございました。

 

ではまた。

 


 

「からだを変えたい。」

そのホンキを絶対に叶える12週間のプログラムをとどけます。

3万5,000人のからだに関わってきた確かな経験があなたのからだを導きます。

初回体験「SOAP」の詳細は下記をご参照ください。

 


 

ラジオ配信しています!

「ながら聞き」であなたの時間を有効活用!

健康に関することや僕の活動を配信していますので、よかったら登録して「ハート」や「笑い」や「ねぎらい」をポチッてください。w

 


 

★ゆたのSNS★

Instagram:https://www.instagram.com/yuta_heartsbridge/

Facebook :https://www.facebook.com/yuta.heartsbridge

Twitter  :https://twitter.com/YutaYoshioka1

 

\\高宮駅から徒歩10分!!//

福岡市南区高宮・清水・大橋エリアのパーソナルトレーニングスタジオ

「Hearts Bridge」

パーソナルトレーナー&フィットネスインストラクター

代表 吉岡優太