基礎解剖学「肩関節の安定性って??編」

トレーナー、インストラクター向けの記事

こんにちは!

本日もブログを見てくださり、ありがとうございます 😳

Hearts Bridgeパーソナルトレーナーの吉岡です 🙂

 

このコーナーでは基礎解剖学を基にして、インストラクターの皆様が

普段のレッスンで活かせそうな情報をUPしたいと思っています 😀

良かったらぜひご覧ください 💡

 

 

さて、前回

基礎解剖学「肩って何で痛める人が多いの??編」を書きましたが、

その記事に肩関節を安定させることが重要です!と掲載しました。

 

本日はその内容です 😀

 

 

そもそも肩関節の安定性ってどういう事??

 

ではまずこちらの動画の肩関節の動きに注目してご覧あれー

※VISIBLE BODY「筋肉プレミアム」より引用

 

もういっちょー

※VISIBLE BODY「筋肉プレミアム」より引用

 

 

ちょっと動画が見にくいかもしれないですが、

基本的な肩関節の安定した屈曲動作になります。

 

 

前回のブログで掲載した

5つの関節が安定して動く・・・

とはこんな感じで協調して動く事が重要なんですねー 😆

 

スポ子さん

なるほどー!

よく見ると・・・

球関節の肩甲上腕関節の動きに伴って、

鎖骨も肩甲骨も動くのね 😯

 

スポ子さん!!

目の付け所が良い!!

肩関節には上げたり、下げたり、回したりする時に

上腕骨と同時に肩甲骨も鎖骨も動いているんですよね!!

だから複合的な関節にならざるをえないんです 😉

 

この上腕骨、鎖骨、肩甲骨、胸郭の関係性が悪い・・・

つまり

姿勢が崩れてしまっていたり

筋肉が固い・柔らかい、強い・弱い

適切ではない状態になってしまっていたら・・・??

なんとな〜〜く予想がついてきます 😯

 

※運動機能障害症候群のマネジメントより引用

上の図の姿勢を見てみて・・・

どう感じられますか??

 

本来、横から見て適切な静的姿勢と定義されているのは

くるぶしのやや前方

大転子

肩峰

外耳

これらが一直線です。

Aは上腕骨頭がやや前方に突出していて、耳の位置がかなり前方にある。

Bは上腕骨頭の位置は良いが、耳の位置が前方にある。

Cは左肩関節が外転・内旋位になっている。肩甲骨も左右差がある。

もう一つの症例を見てみましょう!

 

※運動機能障害症候群のマネジメントより引用

耳のラインとほぼ平行に見えるが、肩甲骨が前に倒れ(肩甲骨前傾)、

上腕骨頭がかなり前方へ移動している 😯

ちなみに本来の適切な肩のポジションになれば、

耳の位置も前方にでていることになります 😥

 

この2パターンの静的姿勢を見てみると、

上腕骨や肩甲骨、おそらく鎖骨も

本来の適切なポジションではない場所にあります。

そうなると、肩関節の不安定要素が高まるのです!!

 

スポ子さん

画像で見るとわかりやすいわね・・・

確かに現代人の姿勢って悪いって言われるもんね〜 😥

 

そうなんですよね〜 😕

現代病とまで言われる

良くない姿勢によって、予防できる傷害に苦しむ方々は多いです。

何とかそれを改善していきたいものですね 🙄 

 

うんうん!!

その通りだわ!!

じゃ、その肩関節が安定する為には具体的にどうしたら良いの??

 

そうですね!!

じゃ、その話に進みましょうか!!

次回・・・

スポ子さん

またかーー!!