【栄養】「栄養を失わない加熱の法則」 ー具体的な食材も紹介!!ー

栄養



 

ども、ゆたです!

 

昨日は「皮をむく」「切る」「茹でる」「保存する」など

毎日欠かせない食事の調理法で栄養価が変わる内容を書きました。

日常に活かしやすい内容になっていますのでぜひご覧ください。

【栄養】「食べ方上手になろう!!」 ーからだに栄養がとどく切り方ー

 

 

 

今日は

「栄養を失わない加熱の法則」

 

食べものなどからしか摂れないビタミンなどの栄養は

加熱の仕方によっては栄養がすっかり抜けた状態で食べることになってしまいます。

ここでは損しないでおいしく食べる加熱のルールをご紹介します。

 

 

 

ルール① 緑黄色野菜は加熱OK!淡色野菜は加熱しすぎはNG!

 

 

ニンジンやカボチャなど、中まで色の濃い緑黄色野菜と

大根やかぶなど、色の薄い淡色野菜。

 

緑黄色野菜はβ-カロテンを多く含むために色が濃いのですが、

これは体内で「ビタミンA」に変化します。

 

ビタミンAは油に溶ける性質があるため、油とともに

加熱をして食さないと8%程しか吸収できません。

 

逆に淡色野菜は、加熱しすぎると栄養価が減少する

ビタミンやミネラルが多いため、くたくたになるまで

加熱すると栄養がなくなった野菜を食べることになります💦

 

 

 

ルール② ビタミンB群、Cの加熱は15分以内!

 

 

ビタミンが加熱で摂れたり摂れなかったりするのは、「水溶性」と「脂溶性」があるからです。

👉 水溶性のビタミンB群、Cは加熱に弱い

👉 脂溶性のビタミンA、D、E、Kは油を加えると体内への吸収率がアップ!
(脂溶性は熱にも強い)

 

野菜の例

じゃがいも:皮ごと茹でて水溶性ビタミンの流出を防ぐ!

たまねぎ :茹でると水溶性ビタミンが流出!ただアリシンは細かく切って油と炒めれば活性化!

ニンジン :油とともに加熱することでβ-カロテンの吸収率がアップ!

大  根 :おでんの大根は栄養価ほぼゼロ!大根おろしが一番のオススメ!

きゅうり :ぬか漬けでビタミンB1が8倍になる!!

枝  豆 :蒸し焼きでビタミンCが2倍になる!!

ゴーヤ  :下茹ですると、ビタミンCが流出する!

 

 

いかがでしたか??

食事のテクニックを磨いていきましょう!

 

以上です。

 

友だち追加

さて、ちょっと宣伝❗

1ヶ月に数回公式LINE友だち限定でLIVE無料トレーニングを行います。

「僕のレッスンを受けたい」そう想ってくださる方は友だち追加⬆⬆してくださいね!

 

記事がいいなって思ったら周りにシェアしてくださると、とても嬉しいです。

今日も記事を見てくださってありがとうございました。

 

ではまた。

 


 

「からだを変えたい。」

そのホンキを絶対に叶える12週間のプログラムをとどけます。

3万5,000人のからだに関わってきた確かな経験があなたのからだを導きます。

初回体験「SOAP」の詳細は下記をご参照ください。


 

ラジオ配信しています!

「ながら聞き」であなたの時間を有効活用!

健康に関することや僕の活動を配信していますので、よかったら登録して「ハート」や「笑い」や「ねぎらい」をポチッてください。w

 

 


Fitness Peace オンラインサロン 

日本全国、世界の舞台でも活動の場を広げるフィットネスインストラクター4人が主宰するサロン。「日本一、身近なフィットネスをサロンメンバーと共に創る」をモットーに、クリエイティブな場をアップデートし続けるコミュニティ。※サロン内では自分自身が「健康」を創る情報やエクササイズが日々配信されます。

またサロンメンバーには新時代を創る戦略も共有しています。
その中で僕たちが新時代に向かって突き進む上で、サロンメンバーに助けてもらったり、応援してもらったりしています。

本当にアットホームで楽しい空間が広がり、明るくて面白い未来に向かう活動をしているFitness Peace!!

あなたの参加を待っています。

月額3,000円(税込)


 

★ゆたのSNS★

Instagram:https://www.instagram.com/yuta_heartsbridge/

Facebook :https://www.facebook.com/yuta.heartsbridge

Twitter  :https://twitter.com/YutaYoshioka1

 

\\高宮駅から徒歩10分!!//

福岡市南区高宮・清水・大橋エリアのパーソナルトレーニングスタジオ

「Hearts Bridge」

パーソナルトレーナー&フィットネスインストラクター

代表 吉岡優太