【注意】遺伝子組み換えのメリットとデメリット解説!!

遺伝子組み換え

ども、ゆたです!

今日は「遺伝子組み換え」は知ってるけど、

❓❓ なぜ遺伝子組み換えをするの ❓❓

と疑問に思っている人もいそうかなって思い、

メリットとデメリットを書いていきます!

 



 

遺伝子組み換えとは??

 

 

こう見ると、注射針がとうもろこしに何かを与えている・・・

めっちゃいイメージが悪いですね。

 

でもこれがさまざまな食品になされているわけですね。

じゃ、その

👉 メリットは??

👉 デメリットは??

解説していきます。

 

 

 

メリット

 

 

遺伝子組み換えは

簡単に言うと、

もともとの細胞に強い遺伝子をプラスすることです。

つまり

✔︎ 病気に強い遺伝子をプラスすれば病気に強くなる。

✔︎ 良く育つ遺伝子をプラスすれば良く育つ。

✔︎ 美味しくなる遺伝子をプラスすれば美味しくなる。

っということです!

 

補足

① 収穫量が圧倒的に増える:病気に強く、おいしく育つ。

② 栄養価が上昇:人工的にではあるが、一部の栄養価を高めることも可能。

③ 世界の飢えを救う:供給量が増えることで食材が行き渡らない人にも安価で行き渡りやすい 

 

 

デメリット

 

 

遺伝子組み換えをする素晴らしいメリットはありますが、

逆にデメリットも大いにあります。

デメリット

① 健康被害:遺伝子組み換えそのものが「不完全」なため、さまざまな症状を世界で確認しています。(例えば不自然な腫れ物や皮膚ガン など)

② アレルギーの可能性:まだ遺伝子組み換えについてはわかっていないことが多くある。

③ 農薬まみれの可能性:農薬の影響を受けない遺伝子組み換えを行えば、雑草を枯らそうと除草剤などを散布する。

恐いっすー 😯

 

 

 

どんな食品が遺伝子組み換えされているか??

遺伝子組み換え食材

✅ 大豆(納豆、豆腐、味噌、)

✅ じゃがいも

✅ 菜種

✅ とうもろこし

✅ テンサイ糖

✅ パパイヤ など 

裏の成分表示を見ると、「遺伝子組み換えではない」とか書いてありますよね。

それで確認できます。

アメリカ産、ブラジル産、アルゼンチン産、インド産に多いようです!

 

ただ最近だと「遺伝子組み換え」って表示がない食材もあるので、

上の原産国と遺伝子組み換えされている食材への知識が必要です!

 

 

僕個人としては

遺伝子組み換え食材は食べないようにしています。

 

理由としては、まだ未確定の研究結果しかでていないからです。

今後の研究が進み、安全になる日がくるといいですね!

 

ではまた。

 




 


 

ラジオ配信しています!

「ながら聞き」であなたの時間を有効活用!

健康に関することや僕の活動を配信していますので、よかったら登録して「ハート」や「笑い」や「ねぎらい」をポチッてください。w

 

 


 

Fitness Peace オンラインサロン 

 

CAMPFIREでサロン開設!!

 

日本全国、世界の舞台でも活動の場を広げるフィットネスインストラクター4人が主宰するサロン。「日本一、身近なフィットネスをサロンメンバーと共に創る」をモットーに、クリエイティブな場をアップデートし続けるコミュニティ。※サロン内では自分自身が「健康」を創る情報やエクササイズが日々配信されます。

またサロンメンバーには新時代を創る戦略も共有しています。
その中で僕たちが新時代に向かって突き進む上で、サロンメンバーに助けてもらったり、応援してもらったりしています。

本当にアットホームで楽しい空間が広がり、明るくて面白い未来に向かう活動をしているFitness Peace!!

あなたの参加を待っています。

 

 

9月より募集開始スタートしました!!

※オンラインサロン はいつでも入れるわけではなくて、期間を設けています。

 興味ある方はぜひこちらから詳細を覗いてみてください。

 

 

月額3,000円(税込)

 


 

 

 

★Fitness Peace SNS★

Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100048096739824

Instagram:https://www.instagram.com/fitnesspeace0401

 

★吉岡 SNS★

Instagram:https://www.instagram.com/yuta_heartsbridge/

Facebook :https://www.facebook.com/yuta.heartsbridge

Twitter  :https://twitter.com/YutaYoshioka1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です