足底腱膜炎ってどんな障害??

トレーナー、インストラクター向けの記事

本日もブログをご覧くださり誠にありがとうございます!!

Hearts Bridgeパーソナルトレーナー兼スタジオインストラクターの吉岡です 😀

 

スポ美ちゃん

こんばんはー 😀

今日は前回の続きですね!!

前回も思ったんですが、足底腱膜炎って言葉自体も難しいです。。。

うん、そうだよね!!

 

今日は

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)についてわかりやすく解説できるように頑張る!!

スポ子さん

足底腱膜炎って

イントラ仲間に多いんだけど、インストラクターに多い障害じゃない??

 

そうなんですよねー!!

足底腱膜炎はランナーや走ることが多い競技の選手がなりやすい障害なんです!!

でもそれだけではなく・・・

実はインストラクターも、そしてスタジオを楽しむお客様にも多い障害なんですよー 😐

 

今日はその点を解説していきます!!

スポ子さん

予防として、お客様にも自分自身のためにも知っておきたいわ 😉

 

足底腱膜炎は足の裏の踵側が痛む!!

 

足底腱膜炎は

足の裏の中間に「足底腱膜」(腱の膜)があるんですが、

足底腱膜は付いている筋肉が過緊張を起こすと、腱付着部の骨が

引っ張られ、その骨が尖ってくる・・・ 😕

もしくは腱や腱膜が裂けてしまう・・・ 🙁

そんなことが起こってしまう障害なんです!!

 

※「運動器疾患のなぜ?がわかる臨床解剖学」より引用

 

スポ美ちゃん

うーん・・・

つまりどういうこと??

スポ子さん

つまり

足の裏やふくらはぎの筋肉や腱が固くなると、

足の裏が痛くなる障害ってことよ!!

 

っであってるよね??

 

うん!!

そんな感じです!!

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

イメージは上の画像の様な感じです!!

踵の辺りで骨棘(こつきょく)ができたり

腱や腱膜が裂けちゃったりするんですよねー

スポ美ちゃん

えー、「こつきょく」ってなんですか??

スポ美ちゃん、質問ありがとう!!

骨棘は・・・

骨になんらかの持続的な刺激が加わった時にその部分が

変形して棘状になってしまうものになるよ!!

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

上の画像の様な形で骨棘ってのができてしまうと

そこにある組織を刺激してしまって、痛みにつながるんだ!!

 

スポ美ちゃん

なるほど!!

理解できましたー!!

こんなところに骨のとげができるんですね・・・

人体ってほんとに不思議 🙄

納得してもらえてよかった 😀

ほんと不思議だよねー!!

でも成るべくして成ってるから、

身体って実はとーーーっても素直なんだよ 😮

自分のその時の意思ひとつで変わったらいーけど、

そうはいかないもんね。

いままでの積み重ねがでるわよねー

スポ美ちゃん

前に吉岡さんが言ってた

「身体はこれまでの履歴書」ってことですね。

名言の意味が今になってちょっとずつ響いてきました。

(→心の声:遅いやんけ。笑)

 

 

っというわけで

足底腱膜炎の障害については

何となくわかりましたか??

スポ子さん

うん、私は大丈夫だけど

スポ美は大丈夫??

スポ美ちゃん

はい!!

足の裏の踵が痛くなる症状

というのがわかりました!!

スポ美ちゃん

でもなんでなるのかが今いちわかりません・・・

吉岡さん、もっと詳しく教えていただけませんか??

スポ美ちゃんに言われたら嫌とは断れません!!

次回また書きますね!!

スポ美ちゃん

やったー!!

お願いします 🙂

スポ子さん

じゃ、次回は「なんで足底腱膜炎になってしまうの??」

がテーマね!!

うん、そうですね!!

テーマ決めてもらったんでそのまま行こうかな!!笑

ランナーやイントラさんに多い理由も次回詳しく書きますね!!

スポ子さん

よろしくー!!笑