歩き方のポイント②

姿勢改善

本日もブログをご覧くださりありがとうございます‼︎

Hearts Bridgeパーソナルトレーナーの吉岡です。

本日は歩き方のポイント②をお届けします。

 

スポ子さん

昨日はペンギンさんが可愛かったわぁ 😳 😳

今日はどんな海洋生物をアップしてくれるの??

 

いやいや‼︎

今日はないかなぁ‼︎笑

 

スポ子さん

そうなんだぁ

残念…

 

実はイルカとサメの話もあるのですが、

また追い追い…

 

スポ子さん

えっ!?

そうなの??

うん、ぜひ聞きたいわぁ〜‼︎

 

ほんと海洋生物が好きなんですねぇ。笑

さてさて、今日の内容にいきましょうかね‼︎

 

 

 

踵から着地することでお尻をヒップアップ‼︎

 

歩く時に大きく分けると3段階に分けられます。

 

①イニシャルコンタクト→ローディングレスポンス
(踵が着地)

②ミッドスタンス
(足の裏加重)

③トゥオフ
(つま先が離地)

 

スポ子さん

前回のペンギン歩きの人は

②のミッドスタンスの人ってこと??

 

はい、その通りです‼︎

本来であれば①のヒールコンタクトから

着地するのが理想ですが、何らかの原因で

その過程を飛ばしてしまっている人が多く見受けられます。

 

スポ子さん

なるほど〜…

そうしてしまうと、どんなデメリットがあるの??

 

良い質問ですね!

その過程がなくなってしまうと、前にアップしたお尻の内容につながるのですが、

股関節が働かなくていいんだぁって、機能を低下させてしまう事が

あるんですよねぇ。

 

スポ子さん

へぇ〜、踵が着けないって事から

股関節が機能しなくなっちゃうんだ。。

お尻が使えなくなるってことでしょ‼︎

なんで??

 

アクセルとブレーキ

ですね!

 

スポ子さん

んっっ!?

どういうこと??

わからないんですけどー‼︎

 

(笑)

車って走り出したら、止まらないとぶつかってしまいますよね‼︎

だから・・・ぶつからないようにブレーキを踏みながら走行する思うのですが、

 

人間にも同じ事が言えます‼︎

 

人間も歩く時に必ず加速と減速を繰り返しているんです‼︎

 

加速をし続けると、

「走る」という動作になります。

 

しかし

「歩く」ためには

減速をしなければいけません。

 

減速の為には

運動力学っていう学問の観点から

股関節の機能がとても重要だと言えます‼︎

 

しかし、ペンギン歩き・・・

②のミッドスタンスの歩き方では減速する関節が変わります。

どこだと思います??

 

スポ子さん

うーーーん…

足関節‼︎

 

惜しいっっ‼︎ 😕 

 

もちろん足関節も減速に影響あるのですが、

一番頑張ってしまう関節は

膝関節なんです。

 

スポ子さん

へぇーー‼︎

もしかして②ミッドスタンスから着地の歩き方をしている人って

膝を痛めやすい…?? 😯 

 

そう、その通りです‼︎

 

本来

減速機能で頑張って欲しくない関節なのですが、

股関節や足関節が機能しないから膝がなんとか・・・

頑張るしかないんですよね。

 

 

 

スポ子さん

なるほどー‼︎

それで膝が痛くなるんだね‼︎

でも足関節が機能しないってどういう事??

 

スポ子さん、いいツッコミ‼︎

足関節が機能しなくなる原因…

それがよく女性が履くヒールなんです。

 

ヒールを履くと常にカーフレイズっていう

トレーニングしているような状態で固定されますよね。

だから足首が動かずに固定されているから、膝が動くしかなくなっちゃうんですよー‼︎

 

スポ子さん

あーー!!

なるほど!

腑に落ちた‼︎

それで足首の機能低下になるのね。

 

そうなんですよー‼︎

だからこそ履物って重要ですし、

女性にペンギン歩きが多い理由がこれです!!

 

スポ子さん

うんうん、分かったわ‼︎

じゃじゃ、その改善の仕方は!?

 

へっへっへ‼︎

ホナーーーーーーッ‼︎

(→逃げた声)

 

スポ子さん

うわっっ!?

うそー!!

今いいとこなのにーーーー!!