基礎解剖学「ハムストリングスってどんな筋肉??編」

トレーナー、インストラクター向けの記事

こんにちは!!

本日もブログをご覧くださり誠にありがとうございます!!

Hearts Bridgeパーソナルトレーナーの吉岡です 😀

 

このコーナーではインストラクター・トレーナー向けに記事を書いています!!

表現がちょっと難しいこともありますが、わかりやすい内容を配信できるように頑張ります!!

ぜひご覧ください 😳

 

スポ子さん

はい、こんにちはー!!

今日から新たな部位ね 💡

 

はい、今日から基礎解剖学「ハムストリングス編」を

お送り致します 😉

 

スポ子さん

ハムストリングスねー 🙂

キューイングでも使ったりするから聞きたいわねー!!

 

はい、では早速いきましょうかね!!

 

ハムストリングスは総称された言葉

 

ハムストリングスはももの裏の筋肉ですが、

実は3つの筋肉が総称された言葉というのはご存知ですか??

 

スポ子さん

うん、知ってる!!

でも筋肉名が何だったかな〜??

 

はい!!

ではこちらをどうぞ 😉

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

あー、こんなだったわね!!

 

そうなんです!!

ハムストリングスはそれぞれ

大腿二頭筋(長頭・短頭)

半腱様筋

半膜様筋

に分かれています!!

 

すべての筋肉が股関節と膝をまたぐ2関節筋なので
(大腿二頭筋の短頭は膝関節のみをまたぐ単関節筋)

股関節と膝関節を動かす作用があります!!

作用は以下をご覧ください!!

 

※プロメテウス解剖学アトラス 第2版より引用

 

基本的にハムストリングスは

股関節伸展

膝関節の屈曲

作用があります!!

※Visible Bodyの提供による画像

※Visible Bodyの提供による画像

 

こんな感じで動いているんですよねー!!

 

うんうん、イメージつきやすい!!

特に膝関節の屈曲は筋肉に引っ張られているのがわかるね 💡

 

ハムストリングスはデスクワークで座りっぱなしの方

股関節が機能的でない方は、固いか弱いか・・・多くの場合

適切な筋肉の役割が果たせなくなってしまう筋肉でもあります。

 

またよく見るのが、スタジオレッスン出ている方だと

過剰にハムストリングスのストレッチをされる方が

多いんですよ!!

 

スポ子さん

あっ、私もそうだけど

もしかして足を開いてペターってつく練習をしている人ってこと??

 

そうそう!!

その通りです!!

それが目的として必要であれば良いのかもしれないのですが、

ハムストリングスばかり伸ばして、他のところは固い・・・

なんてことは結構あると思います。

その筋バランスの不釣り合いがよくないんですよねー。

 

スポ子さん

あー、それはあるかも・・・

私ハムストリングスは柔らかいけど、前側の筋肉は固い気がするもん。。。

 

そうなんですよねー。

筋バランスが崩れると、怪我の危険性がアップしてしまいます。

 

開脚ペターっは見栄えがいいんですけど、そこばかりに視点を

向けて、万が一怪我をしたり、させてしまったらスタジオ自体が

楽しめなくなってしまう可能性がある・・・

ということなんですよね。

 

だからこそ他の筋肉のリリースやストレッチ方法、

ハムストリングスのトレーニング方法などを知っておいて

欲しいんですよね!!

 

スポ子さん

うんうん、ありがたいわ!!

また動画で教えてくれるんでしょ??

 

はい、もちろん!!

また次回のブログでお伝えしますね!!

 

スポ子さん

うん、よろしくね!!