【三浦知良 選手の肉体】

スポーツ

 

こんにちは!
Hearts Bridgeパーソナルトレーナーの吉岡優太です。

 

今日は私の永遠のヒーロー「三浦知良 選手」について書きたいと思います。

 

 

私は小さい頃から大学生までサッカーを15年間していました。
サッカーを始めたきっかけは、「三浦知良 選手」!!

 

あの当時カズが所属していたヴェルディ川崎はJリーグの中でも別格と言われたチームで、数々のタイトルを獲得し、輝かしい成績を残していたので、私にとっては今で言うと、「神ってる!存在でした(ちょっと古いか…ww)」

そこに憧れちゃったわけですねぇ~

なので、その当時の私のファッションカラーは :mrgreen: 

まぁ、そんな話は置いといて

 

 

私が三浦知良選手に対して尊敬する点は、今も現役を続け、今期も横浜FCで契約更新した事なんです 😆

私よりサッカーを早く始めていて、今もなお現役… 😯 

51今年で52歳です‼︎

 

もうレジェンドという言葉以外、彼をあらわす言葉はありません 🙄

なぜ、ここまで現役を続けられているのでしょうか。

 

 

生物学上、人間の肉体は必ず衰えます。

体力レベルが低下していく中でどのような事をして、今もなおあれだけ走り続けていられるのでしょうか。

三浦知良選手のトレーニングを全て知っているわけではないですが、おそらくスポーツクラブに通われた経験がある方やパーソナルトレーニングをした経験がある方は、ほぼやった事があるトレーニングをしています。

 

さまざまな記事を見ると、
ストレッチ、ラン、筋トレ、体幹トレ、体のケア、食事の管理

たぶん誰でもやった事のある内容ではないでしょうか。

 

カズ
やっぱり疲れを残さないことが大事だよね。疲れを残さずにいい準備をしていれば、いい精神状態になる。良いトレーニングをして、良い睡眠と食事をとる。それに尽きると思う。僕の場合は少しテンションを高めにしておかないと、うまく試合に入れない。体、心、頭を緩めないといけない人もいれば、僕のように緩めるとうまくいかない人もいる。筋肉もそう。若い頃は特に、筋肉と気持ちが少し張っていたほうが良かった。昔と比べると今はリラックス度が高くなったかな」

Soccer Shop KAMOWEBサイトから一部抜粋

疲れを残さない

とても重要な事だと思います。

 

 

これはスポーツ選手だけではなく、働く方々にも当てはまる事ではないでしょうか 💡

現代はストレス社会であるからこその「疲労」が多いように感じます。

それを気合と根性で乗り越えて

でもキャパを超えてしまうと、それを諦めてしまう、辞めてしまう

そうなると、できなかった自分を追い詰める

悪循環の精神状態になってしまって、より良い仕事ができないですよね 😡

 

 

だからこそ自分に合わせた

リカバリーを知る!って事はとても重要です。

知ってしまえば、自分のいい精神状態が作れやすくなります 😀

健康な脳であれば、生産性がとても上がります 🙂

 

つまり
リカバリーを中心にトレーニングや仕事の仕方を考る。
こんな方法があるわけです。
これをいかに徹底するか。
これに尽きます。

 

三浦知良選手がなぜ現役を続けられているのか

それは自分なりのリカバリー法を見つけて、いい精神状態でトレーニングを行えているから。

それを行うに至った考え方、物事の捉え方にあると私は想います。

 

カズ曰く

いつも必ず自分に勝てる人間なんて、そうそういるものではない。大切なのは、自分に負けたとき、「もっと強くならなければ」と願うことだ

あきらめる理由を探すんじゃなくて、あきらめない理由を探せ

私の永遠のヒーロー「三浦知良 選手」

彼には、学ぶ事がとても多いです。

これからも自らの肉体や精神を持って、サッカー界を牽引していって欲しいです。 😉

 

 

Hearts Bridgeが提供するパーソナルトレーニングは、トレーニングだけではなく、お客様に合わせたコンディショニングやリカバリーまで伝えられるように、日々進化していってます。

身体の事で、お悩みがあれば一度初回体験「SOAP」もしくはLINE@にてご相談ください。

初回体験「SOAP」はこちらから!