基礎解剖学「呼吸編」 -外肋間筋-

インストラクターの為の基礎解剖学

 

このサイトをご覧くださり誠にありがとうございます 😀

Hearts Bridge代表の吉岡優太です。

 

このコーナーではインストラクターの方々が普段のレッスンで

あっ、この情報使ってみよー 😆 💡

と思えるような基礎的な解剖学の情報を提供していきたいと考えています。

よかったらぜひご覧ください。

 

 

さて、この記事では前回の横隔膜に続き、呼吸筋で重要な

「外肋間筋」について話を進めていきます。

 

正面から見た外肋間筋

左から見た外肋間筋
後方から見た外肋間筋

VISIBLE BODY「筋肉プレミアム」より抜粋

 

安静時や日常生活を過ごす上で

息を吸うときは、この外肋間筋と横隔膜が機能することが

とっっっっても重要なのです 😉

ちなみに外肋間筋をぺろっとめくると、その下に内肋間筋がありますが、

内肋間筋は安静時や日常生活を過ごす上での呼吸に関与しません 😎

 

ちなみに動き方はこんな感じ 😛

 

【起始】
肋骨の下縁

【停止】
肋骨の上縁
※外肋間筋は全ての肋骨と肋骨の間に付着しています。

【作用】
肋骨を挙上する。(吸気時)
胸郭の安定

【神経支配】
肋間神経

【動作】
外肋間筋と横隔膜が機能していると、吸気時にお腹周りと胸周りが同じくらい膨らむ。
(吸気時、お腹が凹む・肩が上がる、お腹だけ膨らむはエラーの呼吸です!!)

 

基本的に安静時呼吸や日常の呼吸において、外肋間筋と横隔膜で息を吸ったら
息を吐く時は、力を込めて吐く必要はありません 💡

逆に力を込めて肋骨を閉めようとすると、内肋間筋や腹部の筋群が
緊張してしまい、エラーパターンの呼吸となってしまいます 😯 

努力性呼吸(次回書きます)をやり続けてしまうと…
前回も書きましたが、呼吸過多になってしまう可能性が高く、
カラダへの悪影響につながってしまいます 😈

呼吸の仕方
大切なのは、
風船を膨らませて、空気口を離すと中の空気が抜けていくように
息を吸ったら、自然に抜けるような吐き方がベストです!!
しかもできる限りなが〜〜く吐くことが重要です!!

キューイング例
立位:お腹周りを膨らませるように息を吸って、自然に空気が抜けていくように息を吐きましょう。
仰臥位:腰で床を押すように息を吸って、腰を床から離さずに息を楽に吐きましょう。

ぜひご自身の活動と指導に活かしていただければ嬉しいです 😆