【ジム通いの方必見!!】トレッドミルの活用法

ハートブリッジ 福岡 トレーナ ダイエット
勝田 寿徳
こんにちは!Hearts Bridgeパーソナルトレーナーの勝田寿徳です!夏は、とってもスポーツが盛り上がってますね!僕はスポーツ観戦が好きなので、色々と目が離せません(笑)

さてさて・・・
本日の内容は「トレッドミル(ランニングマシン)の活用法」です!

トレッドミルは、ジムに行かれている方にはお馴染みの有酸素マシンですよね!!

トレッドミルのメリット
・天候に関係なくウォーキングやランニングができる!
・外に比べると足への負担が少なく怪我のリスクが低い!
・速度調節ができる為、自分のペースを掴みやすい!
・心肺機能の向上や脂肪燃焼効果があります!
勝田 寿徳
トレッドミルってメリットが沢山ありますね!!
ただ、トレッドミルだけをしておけば健康になれる!理想なカラダを作ることができる!というような・・・そんなウマイ話はありません!
大事なことは活用の仕方です!
トレッドミルのフォーム
①ベルトの動きに合わせて脚を動かします!この時に「前に進む意識」を忘れずに!
②膝と足首の向きを真っ直ぐにすることを意識しましょう!まずは、ゆっくりのスピードで膝・つま先の向きをチェック!
③目線は「前」又、腕は振りましょう!特に肘を後ろに引く!(初めは手を離すことが怖い方もいると思います。その際は、①の項目を意識して動きましょう!
④姿勢は、背筋を伸ばして左右にカラダがブレないように動いてみてくださいね!
勝田 寿徳
フォームはとても大切です!怪我のリスクを下げるだけでなく、より効果的に運動をすることができます!
トレッドミルの強度
①ウォーキングは時速4.0キロ〜6.0キロを目安に!ジョギングは時速7.0キロ〜9.0キロを目安に動きましょう!
②慣れてきたら、脂肪燃焼効率をさらに高めるランニングにチャレンジすることもオススメです!時速10.0キロ〜12.0キロのスピードです!決して無理はいけません。
③傾斜もつけることができます!傾斜は筋肉に対しての負荷を強くすることができます。より心肺機能を高めることができますし、下肢(太もも・ふくらはぎ)の筋持久力も高まります。しかし、傾斜をつけすぎたりスピードを上げすぎたりすると、転倒の危険性があります。強度設定には十分に注意しましょう!
トレッドミルの強度
④時間は、「長く走れば効果的」は要注意です!オーバーワークの原因になります。大事なのは頻度です。週に3〜4回に分けて30〜40分(長くても60分くらい)の有酸素運動を習慣化していきましょう!
⑤一気に速いスピードに持っていくのではなく、2〜3分は体を慣らすようにしましょう!ちなみに終わり方も同じように2〜3分かけて徐々にスピードを落として、心臓の負担を軽くしてから終わるようにしましょう!
⑥水分補給も適度に行いましょう!速いスピードで動いている時に水分補給をするのは転倒の危険性があるので、一度動いてても水分補給ができるくらいにペースを落として、補給し、元のペースに戻していくようにすると安全にできるのではないかと思います。
勝田 寿徳
いかがでしたか??少しでもお役にて当てる情報であれば嬉しいです!!
あ!!もう一つ
トレッドミルをさらに効率的に活用するなら、筋トレ後に行うことです!
是非!取り組んでみてくださいね( ◠‿◠ )
みなさんのフィットネスライフより良くなりますように。