食事を抜いたダイエットの末路!それでもあなたはご飯を抜きますか?

ダイエット
城本 拓実
この記事は分子栄養学の専門家・城本拓実が書いています!

 

こんにちは、城本です。

 

夏が近づいて来ましたね!

 

パーソナルトレーニングを受けるお客様も「夏までに◯◯キロ痩せる!」と気合が入っている方が多いですね^^

 

目標達成に向けてこちらも全力でサポートしていきます!

 

さてさて、ダイエットの需要が高まる6月、7月ですが

残念ながら極端なダイエットをしてしまいやすい時期でもあります…

 

 

特に女性の方に多いですが

ダイエットしたい女性
私は食べると太りやすい体質だから…

 

とご飯を抜いてカロリーを極端にセーブしてしまう場合が…

 

それでも一時的には体重も減り、ダイエットできるかもしれません

 

ただ、落としたくない筋肉まで落ちてしまう可能性がありますし

 

女性
なんだか調子が悪いわ〜

 

と、長期で見るとリバウンドや健康への影響も出てきます

 

 

過度の間違ったダイエットによって失うものってかなり大きい…

 

 

食事を抜いて気軽にダイエット…と考えている人はもう一度、そのダイエット方法は本当にやる必要があるのか?考えてほしいなと思います。

 

食事に頼ったダイエットの末路

そもそも、女性のダイエットしたい目的の第多数は「見た目を変えるため」ですよね?

 

見た目が変わればダイエット成功!と言えるのではないでしょうか?

 

 

ここに男性のイラストを用意しました

 

この男性を見ると

 

  • 左側が太っている(体重が重たい)
  • 右側が痩せている(体重が軽い)

 

と認識されると思います

 

しかしですね、この男性の体重が同じだったらどうでしょうか?

 

 

 

そんなことあるか!

 

とツッコミを食らいそうですが、実際に同じ体重であっても痩せて見えたり、太って見えたり、というのはあります!

 

これは筋肉量と脂肪量の割合によって決まります

 

 

至極当たり前のことを言っていますが、夏前のダイエットになると、このことがすっかり頭から抜けてしまっている人が多いように感じています…

 

 

結局の所、見た目を変えたいのであれば「体重を減らす事」が必要なのではなく、「筋肉を増やし、脂肪を減らすこと」が大切だってことです

 

 

食事のカロリーを極端に減らしたダイエットを続けていくと、どんどん筋肉分解が促進されます。

 

 

 

筋肉分解を止める方法は

 

  • 糖質の摂取
  • 筋肉の材料となるタンパク質
  • 代謝の補酵素となるビタミンやミネラルの働き

 

が必要なのですが、食べてないと当然この恩恵は受けられませんよね?

 

 

結果としてダイエットで体重は減らせたが、見た目が変わらない…という末路が訪れます…

 

 

ダイエットしてて一番この結果が悲しいですよね…

 

 

こうならないためには

  1. 食事の適切量と内容
  2. 食事のタイミングと食べる順番
  3. 筋トレやその他トレーニング

 

と組み合わせてダイエット行うことが大切です

 

まとめ

体重だけを見つめ続けるダイエットはやめましょう!

 

見つめるべきは自分のお腹や二の腕の脂肪!

 

運動と食事を適切な管理で続けていくことが、ダイエット成功への近道です!

 

城本 拓実
ダイエット相談は城本にでもいいですが、城本はS本…と言われるくらい厳しいです(笑)

女性のダイエットの悩みを親身になって指導してくれるのは、ダイエットの専門家・曲渕ですね!

 

曲渕のプロフィールはこちら

 

 

いやいや、そんな城本の情報を受け取りたいぜ!というMな方はぜひ、他の城本の記事も読まれてくださいね(笑)

ためになることは書いているはずです!

 

👉城本の全記事一覧はこちら